NEWS

痩せやすい冬の季節。

2020年11月13日 【 お知らせトレーニング食事ブログ

福岡 平尾 薬院 ジム ダイエット パーソナル トレー二ング オリジェン ORIGEM

肝臓は私たちの身体によって、とても重要な働きを担っております。

肝臓の機能が低下することで、基礎代謝の低下など、健康面だけでなくダイエットにもデメリットを及ぼします。

逆に、肝臓は温めるだけでも、美容・健康・ダイエットに驚くほどの効果をもたらしてくれるのです。

今回は、肝臓の働き・機能向上について簡潔にお話しさせて頂きます。 

福岡 薬院 平尾 ジム ダイエット パーソナル オリジェン ORIGEM

肝臓とは。。。

肝臓は上腹部の主に右側に位置しており、肋骨に囲まれています。大人の肝臓では1,200~1,500gくらいの重さがあり、人体の中では最も大きな臓器です。

肝臓は「沈黙の臓器」といわれていますが、これは何らかの原因で肝臓が障害を受けても、予備能力が高いため、症状として自覚できないことが多いからです。

肝臓は体の中の「化学工場」のような働きをしており大きく分けて3つの働きをしています。

また、栄養を蓄える「倉庫」としての機能もあります。

1、物質の代謝

肝臓には、消化管で消化・吸収された食べ物が運ばれ、何百種類もの酵素が働いて、取り込んだ栄養素を代謝(分解や再合成)しています。代謝された栄養素は血液の中に放出されたり、肝臓に蓄えられたりします。
例えば、ブドウ糖の一部はグリコーゲンという形で肝臓に蓄えられていて、必要な時にブドウ糖として血液中に放出されます。

2、解毒

肝臓には門脈を通して栄養素だけでなく、食品添加物や薬物、細菌なども流れ込みます。肝臓はこれらを分解して無毒化する働きもしています。

これを解毒といいます。

3、胆汁の生成

肝臓は脂肪の消化・吸収を助ける働きのある胆汁も生成しています。肝臓で生成された胆汁は、胆管に分泌され、胆嚢にたまって濃縮されて、十二指腸で膵液とともに脂肪の分解を助けています。

肝臓にはこのような重要な役割を果たす臓器であり、肝機能障害を起こしてしまえば様々な症状を起こしてしまいます。

肝機能障害の主なものとして、ウイルス性肝炎、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪性肝疾患があります。

それぞれ、肝炎ウイルス、飲酒、栄養過多が原因になります。さらに、自己免疫性の肝炎や薬剤などが原因で、肝臓が悪くなることもあります。

特に中年の男性にアルコール性肝障害の方が多いと思われます。

アルコールは、肝臓に悪影響を及ぼすといわれており、過度なアルコールの摂取はアルコール性の脂肪肝や線維化、そして肝硬変など肝機能障害の原因になるケースがあります。

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態を指し、線維化が進み肝臓が硬くなり機能が著しく減退すると肝硬変になります。

アルコールは、男性であれば1日に20〜30gほどが適量といわれており、それ以上の摂取は肝機能障害を引き起こす可能性があるといわれています。

さらに、近年では、このような肝炎ウイルスの感染や過度なアルコール以外にも、肥満や栄養の過剰な摂取、糖尿病などが原因で肝機能障害になる方が増えています

そのため、特に体重が多い肥満の方は、注意が必要でしょう。

ORIGEM トレーナー  笠川

会員制パーソナルトレーニングジム ORIGEM(オリジェン)

住所:福岡県福岡市中央区平尾1-10-20 BRAMASOLE hirao 4A

電話: 092-600-4556(最終受付21:00)

定休日:祝日(休みは事前にご連絡致します)